ひと休処 つくし

HOME

御前崎市にある、川根炭焼珈琲が自慢の喫茶店です。
芸術作品のギャラリー展示、ファッショングッズの販売も行っています。
周辺には、高松緑の森公園・高松神社・ネクスタフィールド(サッカー場)・静岡カントリー浜岡コースなどがございます。
公園や近隣のレジャー施設にいらした方々につくしで一休みして頂き、また、常にいろいろな形でお客様に喜んで頂けるお店を目指しています。


コンセプト
コンセプト1

コンセプト2

つくし=お客様に喜んで頂けるように「人に尽くす」お店です。
ひと休処 つくしは、平成16年12月に私の母が開業した喫茶店です。
公園にいらした方々につくしで一休みして頂き、人々の交流の場としても活用して頂けるよう、店名には「人に尽くす」という思いも込められています。

店内は喫茶メニュー以外に、毎月展示の変わるギャラリー、スカーフ、バッグなどのファッショングッズの販売もしています。
他にグランドピアノが常備され、音響の良い店内でコンサートも開催しています。
レコードやCDで聴く月1回のクラシック名曲講座やプロの落語家さんをお招きしての「つくし寄席」も好評です。

つくしは常にいろいろな形でお客様に喜んで頂けるお店を目指しています。


ファッショングッズ新入荷情報

つくしでは毎月新しいファッショングッズを入荷しています。
是非お店にて実際にお手に取ってご覧ください。








売れてます! しずおか鋳物ブランド「重太郎」 お中元や大切な記念日のプレゼントにどうぞ!

重太郎
~静岡発の鋳物を新しい文化に~
「重太郎」というブランド名は、1890年に創業した栗田産業株式会社の創業者の名前を借りています。
栗田重太郎は、幼くして両親を亡くし、7歳で東京の鋳物工場で修業を始め18歳で静岡に帰郷し、栗田鋳造所(現:栗田産業株式会社)を設立し、地域の鋳物産業の発展にも尽力してきたと伝えられています。
私たちは創業者の遺伝子を受け継ぎ、鋳物を通じた地域社会への貢献を指名として鋳物の技術を使った自社ブランドを始めました。
生活にまつわる商品を鋳物という特性を活かし、生活にまつわる商品をひとつひとつつくりあげていきます。

~江戸時代から受け継がれている静岡鋳物~
現在の静岡市葵区横田町のあたりには、江戸時代に「鋳物師町」という地名が存在していました。鋳物師町は、徳川家康公ご用達の鋳物師たちが、鋳物づくりをおこなっていた地に由来しています。また、江戸時代には、現在の静岡市葵区金座町で貨幣鋳造がおこなわれており、駿河小判が鋳造されていました。「静岡鋳物」という名前は馴染みが浅いかも知れませんが、このような歴史をもっています。重太郎ブランドは、この静岡鋳物という歴史から由来している産地を誇りに思いものづくりを続けていきます。

栗田産業株式会社HP
http://kuritasangyoh.co.jp/jutaro/

商品詳細は上記画像リンク先「栗田産業株式会社HP」にてご確認下さい。
またつくし店内にて「重太郎」を展示販売しております。お気軽にご覧下さい。


オーナー紹介


メルマガ会員登録はこちら
登録無料!新しいイベントの情報や会員限定のお得なサービス情報を配信します。

お問い合わせはこちら
0537-86-3433
営業時間/11:00~17:00 定休日/火・水曜日